TOPへ

2013年06月24日

病気のサインを見逃さない

no6.gif


byoukisign.gif

犬も年をとると、体に様々な変化が起こってきます。犬が発するサイン全てが病気につながるわけではありませんが、変化が起きていることを認識することは重要で、飼い主が病気の知識を持っているだけで何らかの病気の早期発見、早期治療につながっていきます。ひとつの病気で複数のサインを表すこともあれば、全く出さない場合もあります。病気のサインに気がついたら、動物病院に相談しましょう。そのためにも、かかりつけの動物病院に幼犬の頃から年に一度は通い、からだのチェックをしてもらうことをオススメします。

次に、シニア犬の代表的な疾患について考えてみましょう。眼科疾患では白内障、循環器疾患では憎帽弁閉鎖不全症、腎泌尿器疾患では慢性腎不全、内分泌疾患では副腎皮質機能亢進症・甲状腺機能低下症、骨関節疾患では骨関節炎などが挙げられます。また、シニアになるとガンの発症率が高まる傾向にあります。犬も長寿の時代です。

飼い主が病気を理解すること、それこそが愛犬が長生きする秘訣かもしれませんね。


ニックネーム ぐらんわん! at 15:18| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする